キャビテーション豆知識

キャビテーションの効果とは│痩身効果を高めるやり方とおすすめエステ

更新日:

キャビテーションは、お肌に当てるだけで脂肪やセルライトが減る人気の痩身法。

ダイエットがうまくいかない時ほど、頼りたくなりますよね。

しかし、キャビテーションで効果的に痩せるには、コツがあるんです!

「キャビテーションしたけど痩せなかった」と悲しむことの無いように、効果を上げる方法や通う回数などを紹介します。

痩せやすいキャビテーションエステ


私たちが痩せたエステはこちら

キャビテーションとは

キャビテーションとは、超音波で脂肪を溶かしつつ、細胞内の気泡がはじける力で脂肪細胞を壊す痩身法です。

日本では、2013年頃から知られるようになり、エステ、美容クリニック、家庭用のマシンでできます。

やり方は、キャビテーションを体の痩せたい部位に当てるだけ。
家庭用なら自分でマシンを動かさなければいけませんが、エステなら寝ているだけで脂肪が溶けていきます。

痛みもお肌への影響もなく、医学的な臨床実験で安全性と効果が実証されています。

さき
もとは、地質学や流体力学で使われていた言葉で、圧力差で液体の中に真空の気泡が発生する現象(空洞現象)のことなんだよ。

キャビテーションで痩せる仕組み

キャビテーションマシンの先(プローブ)からは、人の耳では聞こえない高音(超音波)が出ています。
脂肪細胞だけを1秒間に3万回以上ぶるぶる震わせて、脂肪を溶かします。

さき
脂肪細胞の中にできた真空の気泡が「パンッ」と割れた衝撃波で脂肪細胞を壊し、溶けた脂肪が出てきます。

溶けた脂肪はエネルギーとして使いやすくなっているので、日常生活で燃やしたり、リンパから体外に排出して脂肪を減らします。

さき
脂肪細胞を減らすし即効性もあるので「切らない脂肪吸引」と言われているんですよ。ダイエットに失敗続きでも、ジーンズやスカートがすんなり入るかも♪

キャビテーションの効果

キャビテーションの効果画像
キャビテーションの効果画像

キャビテーションは「切らない脂肪吸引」と呼ばれるだけあって、即効性があります。
とはいえ、1回でげっそり痩せるのではなく、何回か通って少しずつ理想のスタイルを作り上げます。

キャビテーションを当てた日から4日間は、脂肪が溶けたままで痩せやすいゴールデンタイム!
1日30分のウォーキングでガンガン脂肪を燃やすと、早く痩せられますよ。

脂肪細胞を減らすので、リバウンドしにくくなる効果もあります。

さき
溶かした脂肪を代謝するため、肝臓に負担がかかるから1回で痩せることはできないよ。

効果が出る頻度と回数

キャビテーションには即効性があります。
施術が終わってスグ、細くなったことが実感できるほど!(誇張なし)

個人差があるけれども、たいていは3回やれば効果を感じることができますよ。

さき
お肉が柔らかければ、1回目から効果を実感します。
私は、初めてのキャビテーションでウエスト3cmと太もも1cm痩せました。
れい

理想のスタイルを作り上げるまでの回数は、1部位6回が目安です。
頻度と期間の目安を、表にまとめてみました。

通う頻度 4日に1回 2週間に1回 1ヶ月に1回
通う期間 1ヶ月間 3か月間 6か月間
痩せ方 一番痩せる 食事と運動管理が大切 効果を感じにくい

キャビテーションに通う間隔を短くすると、脂肪が燃えやすい日がず~っと続くので効果が出やすくなります。

さき
一番痩せる通い方は、4日に1回を1か月間。その後は月1回で十分。エステも美容クリニックも、キャビテーションの集中ケアは「3~4日に1回のペース」を目安にしています。

キャビテーションの効果が出る頻度と回数と期間は、こちらのページで詳しく紹介しています。

効果が出るまで個人差がある理由

「1回でウエスト1センチ痩せた♪」
「3回やって少し痩せた・・・かな?」

キャビテーションで個人差が出る原因は次の3つです。

  1. セルライトの量
  2. 脂肪の硬さ
  3. 代謝の良さ

セルライトの量

セルライトは、脂肪の老廃物の塊。
とってもしつこく、お肌の奥にこびり付いています。

キャビテーションの超音波は深さ2~3センチまで届きますが、1度ですべてのセルライトを撃破できないので、しっかり落とすには数回のケアが必要。

セルライトがぶ厚い人ほど効果を感じにくいけど、セルライト落としにはとても効果のあるトリートメントなんですよ。

脂肪(お肉)の硬さ

脂肪は、柔らかいほど溶けやすく、硬いほどキャビテーションの効果が出にくくなります。
これ、エステティシャンの中では当たり前なんです。

さき
バターで例えると、冷蔵庫から出したばかりでカチコチだと溶けるまで時間がかかりますが、常温に置きっぱなしだとすぐにトロッと溶けますよね。

代謝の良さ

キャビテーションは、溶かした脂肪を燃やしたり、肝臓で分解して排出します。

代謝が良いとめぐりも良いので、溶けた脂肪が排出されやすいです。
しかも、基礎代謝が高い(筋肉が多い)ので、脂肪が良く燃えます。

エステによっては筋肉量も検査するほど、代謝と痩せ効果には深~いつながりがあるんですよ。

「効果なし」と感じる原因3つ

キャビテーションの効果がない代表的な原因は次の3つです。

  1. キャビテーションだけやっている
  2. キャビテーションのマシンが良くない
  3. 1ヶ月に1回だけ通っている
  4. キャビテーションを当てただけでは痩せません。
    軽めの運動やリンパマッサージで、溶けた脂肪を燃やす&排出して痩せられます。

    エステのキャビテーションコースに、必ず燃焼と排出のメニューがセットになっているのはそのためです。

    もし、キャビテーション後に運動してるのに効果がないなら、使ってるマシンが出す超音波が、脂肪が溶けない周波数かもしれません。

    業務用(エステ・クリニック)は脂肪が溶けやすい周波数を使っていますが、家庭用は溶けにくい周波数だったり、性能を出し切れないことがあります。

    キャビテーションの効果は40kHz以下の周波数が必要

    キャビテーションで脂肪が溶けやすいのは、40kHz以下の周波数です。

    エステや美容クリニックのマシンは25kHz~40kHzを出せるので効果が感じやすいけれども、家庭用キャビテーションは効果が低い330kHzを使っているマシンもあります。

    効果を高める方法

    キャビテーションの効果を高める方法は、主に次の3つです。

    1. 運動
    2. 食事
    3. 入浴法(半身浴・高温反復)

    カロリーの吸収率が高くなるキャビテーション後の食事に気を付けないと、キャビテーションの効果を感じにくくなるので要注意です。

    溶けた脂肪が燃えやすいキャビテーション後の4日間は、運動と入浴法でキャビテーションの効果を高めてください。

    キャビテーションエステ

    エステ 良いところ・魅力
    ヴィトゥレ 料金の安さ。効果の実感力も高く、ヴィトゥレに乗り換える女性が多い。
    キレイサローネ 小顔ケアも含む全身痩身ができるのにリーズナブル。
    ブルーム キャビテーションとエンダモロジーでセルライトの除去が得意。
    さき
    私たちが痩せたキャビテーションエステの料金やコース内容を比較してみました。

    キャビテーションの施術の流れと時間

    キャビテーションは、次の流れで行われます。

    まずは、エステティシャンによるカウンセリングです。
    生活習慣や食事を聞いたり、説明や疑問点などを解決してから、施術に臨みます。

    施術の前に、体重やボディサイズ計測や体脂肪率測定などを行います。

    内容 時間
    • 食事や生活習慣の確認
    • 測定(体重、ボディサイズ、体脂肪率)
    20分

    キャビテーションの照射前に十分に体を温めて、脂肪や老廃物の排出をしやすくします。

    施術
    • ヒートマット
    • サウナドーム
    • ラジオ波(RF)
    20分

    痩せたいパーツにキャビテーションをします。
    そのあとに、マッサージや吸引マシンを使って、溶けた脂肪をリンパに流して終了です。

    エステやコースによっては、EMS(微弱電流による筋肉運動)や骨盤矯正で引き締めと脂肪燃焼を促進します。

    施術 目的 時間
    • キャビテーション
    脂肪を溶かす 20分
    • ラジオ波(RF)
    • EMS
    脂肪を燃やす 20分
    • リンパマッサージ
    • RF吸引
    脂肪を排出する 20分

    ほとんどのエステが、1回につきおおよそ60分ほど。
    終わってからパウダールームで身支度を整えるから、全部で90分ぐらいが目安です。
    ※初回はカウンセリングがあるのでプラス20~30分かかります。

    30分で終わるキャビテーションコースは、温め・燃焼・排出メニューがないので、効果が出しにくくなります。

    さき
    1回1時間と考えておこう。

    たった1時間であんなに痩せたから「これまでのダイエットはなんだったの?」って思っちゃったよ。
    れい

    1回でキャビテーションできる部位数

    キャビテーションは、溶かした脂肪で肝臓に負担をかけるので、1度でできるボディパーツは3~4が目安です。

    上半身 下半身
    • 二の腕
    • ウエスト
    • お腹回り
    • 背中
    • お尻
    • 太もも
    • ふくらはぎ
    さき
    半身キャビテーションを週2回やると、2か月後には別人のようなスタイルに生まれ変わるよ。

    キャビテーションできる部位

    次の部位や症状にキャビテーションできます。

    • セルライト
    • お尻
    • お腹
    • 二の腕
    • 背中
    • 筋肉太り

    キャビテーションできない症状・病状

    キャビテーションは、病気やケガがあると受けられないことがあります。

    妊娠中や子宮に疾患のある女性

    妊娠中や子宮に疾患があるとキャビテーションできません。
    生理のときも、NGです。

    循環器(心臓や血管)の持病がある

    キャビテーションは、溶かした脂肪を血液で運ぶので、心臓の持病があったり、血管に疾患(血栓や静脈瘤)があると、キャビテーションできません。

    また、ペースメーカーを埋め込んでいる場合、超音波の振動で異常・誤作動の原因になる恐れがあるのでキャビテーションできません。

    肝機能に異常・障害がある

    キャビテーションは、溶かした脂肪を代謝するために肝臓に負担をかけます。

    糖尿病

    血糖値が上がる危険性があります。

    体内に金属が埋め込まれている

    骨折の治療でプレートやボルトが埋め込まれていると、キャビテーションできません。
    超音波の振動で、金属が熱を持ってしまうからです。

    プレートやボルトの位置がキャビテーションをする部位から離れていても、エステでは断られます。

    場合によってはダメな人

    また、絶対に禁止というわけではありませんが、場合によっては注意が必要な人もいます。

    • 骨が極端に弱い
    • アトピー性皮膚炎(重度)

    キャビテーションは「超音波を使う」「生体維持の働きを使って脂肪を流しだす」ので、体に少しばかり負担がかかります。

    病気やケガの再発や重症化を防ぐために、カウンセリングで既往歴をチェックします。

    -キャビテーション豆知識

    Copyright© スリムキャビ , 2019 All Rights Reserved.