キャビテーションQ&A

脂肪細胞が壊れて乳化した脂肪の行方は?※キャビテーションQ&A

更新日:

キャビテーションで乳化した脂肪は、どうやって体内から無くなるんですか?

さき
キャビテーションで溶けた脂肪はどこにいくのか、図を用意しました。
キャビテーションで溶けた脂肪がどうなるか画像

キャビテーションで分解された脂肪細胞は「乳化した脂肪」と「壊れた細胞膜」の2つに分かれます。
それぞれの無くなり方は、次のとおり。

乳化した(溶けた)脂肪 壊れた細胞膜
体内でエネルギーとして燃える
肝臓で分解されてから尿として排出
免疫細胞のマクロファージ(白血球)が食べる
さき
キャビテーションすると、脂肪細胞の数が減ります。

けれども、燃焼・排出できなかった脂肪は、別の脂肪細胞に取り込まれてしまいます。
溶けた脂肪をがっつり減らすなら、燃やす&出すのスピードアップが欠かせません!

キャビテーションで溶けた脂肪はどうなる?

キャビテーションを当てると、脂肪細胞が壊れて、乳化した中性脂肪が溶けだします。
溶けた脂肪は、体外に排出されたり、体内でエネルギーとして消費されることでなくなります。

乳化とは、水と油が混ざってトロトロの液状になる状態のこと。ここでは、体脂肪がトロトロに溶けることです。ラードが液状になる感じですね。

乳化した脂肪は

  • エネルギーとして燃えやすい
  • 分解されて尿として体の外へと排出されやすい

状態にあり、この期間は2~3日続きます。
ダイエットしやすいゴールデンタイムに、どんどん脂肪を無くしちゃおう!

さき
キャビテーションで溶けた脂肪は消費効率の良いエネルギー源なので、優先的に消費されます。

次は、なるべく楽してカロリー消費する方法の紹介です。

溶けた脂肪は優先的にエネルギー消費に使われる

キャビテーションで乳化された脂肪(脂肪溶液)は、まずはエネルギーとして使われます。

体脂肪が燃えるメカニズム・・・固まった脂肪を溶かす → 血液に溶け込ませる → 筋肉に運ぶ → エネルギーに変える

脂肪を溶かす(カロリーを使う)のって、とっても大変ですよね。
でも、キャビテーションは脂肪を溶かすので、スグ燃やせるんですよ。

さき
キャビテーション後に、軽い運動でいいので体を動かすともっと痩せるのは、そのためなんです。

脂肪を燃やす(カロリーを使う)方法は、有酸素運動・高温反復入浴法がラクですよ。

no image
キャビテーションの効果を高める方法│運動・お風呂でもっと痩せる

キャビテーションの効果を高める方法はありますか? 1度で脂肪がメラメラ燃えてスリムになりやすい方法があれば知りたいです。 さきキャビテーションの前にカラダを温めておくと、脂肪が溶けやすくなって効果アッ ...

続きを見る

脂肪は肝臓で分解されて尿になる

キャビテーションで溶けた脂肪は、体中のリンパに運ばれて血液(静脈)に乗り肝臓へ運ばれたあと、水に分解されて尿として外に排出されます。

さき
エステティシャンは「脂肪が尿になって出る」と説明するけど、脂肪のすべてが尿が混ざるワケじゃないよ。

キャビテーション後に、尿が濁った人はいがいと多いことにビックリ。

尿が濁るのは、尿中の細胞成分がふえる、尿中の結晶成分がふえる、尿中に脂肪成分が入っているなどが原因となります。
参照:時事メディカル

肝臓の代謝でできる色素が尿の中に出てきた場合で、肝機能に異常がある場合にみられます。
参照:栄研化学株式会社

さき
尿の色は、脂肪成分が入ると白っぽくなり、代謝の色素が出てくると褐色になります。尿の臭いは、いつもより強め。

キャビテーションで溶けた脂肪の排出期間(3~4日間)は、肝臓はいつもより大忙しでお仕事してるので、尿が多くなりがち。

そのうえ、キャビテーションと一緒に施術するリンパマッサージの好転反応が出て、尿の量と回数が増えることもあります。

さき
リンパや血液の循環が良くなって、老廃物や毒素がよく排出されるようになったんだよ。

溶けた脂肪は体の中に残ることもある

実は、溶かしたすべてが燃えたり尿になるワケじゃありません。

エネルギーとして使いきれなかった分は、肝臓で処理されて体の外に排出されますが、さすがの肝臓もすべてを処理することはできません。

燃やされれない・排出されない脂肪は再び血流に乗って、体中の脂肪細胞にコンニチハして取り込まれちゃうわけ。

さき
血流に乗った脂肪は、とにかく燃やす!
では、血流に乗る前の脂肪はというと・・・下に続きます。

リンパマッサージで脂肪をその場に残さない

ドロドロ脂肪が血流にのっかるには、まずはリンパに送らなきゃダメ。
そのために、リンパマッサージやマシン吸引をして、なるべく脂肪が残らないようにケアが必要です。

さき
エステのキャビテーションが、マッサージやマシン吸引と一緒のコースになっているのは、溶かした脂肪を体内に残さないようにするためなんですよ。

溶けた脂肪は、いずれリンパを通して排出されます。

でも、これではキャビテーションの効果が表れるまで時間がかかるので「痩せない!効果がない!」と不満を言いたくなるかもしれませんね。

ということで、キャビ単体ではなくリンパマッサージも同時にやってもらうのを忘れずに!

家に帰ってから自分でやるのもいいですね。

ちなみに、トロトロの液状に乳化しているので、固まることはほとんどありません。
脂と水を混ぜて作るマヨネーズが冷蔵庫で固まらないのと同じことですね。

さき
マヨネーズも乳化によって固まらないんです。

食事からの脂肪分にも注意しよう

食事で油っぽい食事を摂ると、血管の中もアブラ多めになるのはご存じのとおり。

キャビテーションで溶けた脂肪が血液に流れ込んでいるときに、食事で脂肪分を追加しちゃったら、せっかくのキャビテーションも効果がダウンしちゃいますよね。

というわけで、食事からの脂肪の摂り方にも気を配りましょうね。

食事
キャビテーション後の食事※効果アップもっと痩せる食べ方

さき 「キャビテーションをしたら普通に食事を摂っても大丈夫?」 「食べちゃダメなものとか量が決まっているの?」 ダイエット効果をmaxにする、キャビテーション後の食事法をお伝えしちゃいます♪ もくじ ...

続きを見る

脂肪細胞の数が減るのでリバウンドしにくい

さき
キャビテーションは脂肪細胞の数を減らすので、脂肪を溜め込みにくくなるんです。

キャビテーションでパンッと割れた脂肪細胞。
溶けた脂肪は代謝されてなくなり、細胞壁の残骸は体内のお掃除屋さんであるマクロファージがきれいに食べてくれる。

脂肪細胞の数が減るってことは、余分な脂を溜め込む入れ物が減るのと同じ。
「キャビテーションはリバウンドしにくい」と言われるのは、そのため。

ただし、無節操な食生活をしていると新しく脂肪細胞が増えるんで、キャビテーション後は食生活に気を配ってスタイルをキープしてくださいね。

さき
キャビテーションの機会に、食生活を見直してみよう。エステティシャンから食生活へのアドバイスがあるくらい、節食は大切だよ。

痩せやすいキャビテーションエステ


私たちが痩せたエステはこちら

-キャビテーションQ&A

Copyright© スリムキャビ , 2019 All Rights Reserved.