キャビテーションで壊れた脂肪細胞から流れ出た脂肪はどうなるの?

キャビテーションで壊した脂肪細胞や、細胞から出てきた脂肪はどうなるのかを紹介します。

キャビテーションの超音波で溶けた脂肪は、体内に残らないように燃やされたり、肝臓を通って尿として体の外に排出されますよ。

細胞膜は、マクロファージが食べてなくなります。

溶けた脂肪は体外排出・エネルギー消費でなくなる

キャビテーションを当てて壊れた脂肪細胞から、中性脂肪が溶けだして乳化されます。

乳化とは、水と油が混ざってトロトロの液状になる状態のことですが、ここでは体脂肪がトロトロに溶けることです。ラードが液状になる感じですね。

乳化は体内で2~3日続きますが、脂肪はそのまま体内に残らず、尿になったりエネルギーとして使われて体の外へと排出されるんですよ。

尿になるとはどういうこと?

溶けた脂肪は、体中のリンパに運ばれて血液(静脈)に乗り肝臓へ運ばれます。

肝臓は、体内の不要なものを分解処理してくれる場所。肝臓を通り、最終的には体内の不要物である尿として外に排出されます。

キャビテーションで乳化した脂肪は、リンパや血液によって肝臓へ運ばれてきて、そこで処理をするわけですから、排出期間である3~4日間は肝臓は通常よりも大忙しなんですよ。

キャビテーションを毎日できない理由はここにあるんですね。

参考:定期的に通うのと集中して通うのとではどちらが痩せやすいですか?

溶けた脂肪は優先的にエネルギー消費に使われる

キャビテーションで乳化された脂肪(脂肪溶液)は、まずはエネルギーとして使われ、残った分は尿として体の外へ排出されます。

脂肪が燃えるのは、固まった脂肪を溶かして血液に溶け込ませて筋肉に運んでエネルギーに変えてるからで、キャビテーションですでに溶けた脂肪は、スグ燃えるんです。

「軽い運動でいいので体を動かしてあげるともっと痩せる」のは、そのためなんです。

参考:キャビテーションの効果を120%発揮する有酸素運動

ポイントは乳化。液状にして、尿やエネルギーとして脂肪を減らすんです。

溶けた脂肪は体の中に残ったりしないの?

実は、溶かしたすべてが燃えたり尿になるワケじゃありません。

ドロドロ脂肪が血流にのっかるには、まずはリンパに送らなきゃダメなので、リンパマッサージやマシン吸引をして、なるべく脂肪が残らないようにケアが必要です。

エステにいくと、マッサージやマシン吸引もセットでコースになっているのは、溶かした脂肪を体内に残さないようにするためなんです。

もし脂肪が残ったらどうなるの?

いずれ、リンパを通して排出されますよ。しかし、これではキャビテーションの効果が表れるまで時間がかかるので「痩せない!効果がない!」と不満を言いたくなる原因になります。

ちなみに、トロトロの液状に乳化しているので、固まることはほとんどありません。脂と水を混ぜて作るマヨネーズが冷蔵庫で固まらないのと同じことですね。

壊れた脂肪細胞はどうなるの?

キャビテーションをすると、脂肪細胞がパンッと割れてドロッとした脂肪が流れ出します。

中の脂肪は乳化して流れるけど、その脂肪を包んでいた細胞壁の残骸は、体内のお掃除屋さんであるマクロファージがきれいに食べてくれます。

脂肪細胞の数が減るので、リバウンドしにくいわけですね。

キャビテーションで溶けた脂肪は、リンパなどの協力もあって体の中からなくなるんです。

キャビテーションを「いいな」と思ったらどうぞ↓

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報