キャビテーションで壊れた脂肪細胞から流れ出た脂肪はどうなるの?


キャビテーションは脂肪細胞を壊すそうですが、細胞から出てきた脂肪はどうなるのですか?体内にとどまったら意味がないと思うのですが・・・。

超音波で分解・乳化された脂肪が残らないように体内で燃やされたり、肝臓を通って尿として体の外に排出されますよ。

エステのメニューや自宅でできるセルフケアが大事なポイント。燃焼のためのヒートマットや有酸素運動、排出のためのマシン吸引やハンドマッサージで、脂肪をより無くすことができるんです。

溶けた脂肪は体外排出・エネルギー消費でなくなる

キャビテーション照射によって脂肪細胞に気泡が発生し破裂して破壊されます。破壊された脂肪細胞からは中性脂肪が溶けだして乳化されます。

乳化とは?

乳化とは、科学的には水と油が混ざってトロトロの液状になる状態のこと。つまり固い体脂肪がトロトロに溶けることです。分かりやすく言えば、ラードが液状になる感じですね。

その乳化は体内で2~3日続きますが、脂肪はそのまま体内に残るのではなく、体の外へと排出されるんですよ。その排出方法は尿となるか、エネルギーとして使用されるかのどちらかです。

尿になるとはどういうこと?

溶けた脂肪は、体中のリンパに運ばれて血液(静脈)に乗り肝臓へ運ばれます。

肝臓は、体内の不要なものを分解処理してくれる場所。肝臓を通り、最終的には体内の不要物である尿として外に排出されます。

キャビテーションで乳化した脂肪は、リンパや血液によって肝臓へ運ばれてきて、そこで処理をするわけですから、排出期間である3~4日間は肝臓は通常よりも大忙しなんですよ。

キャビテーションを毎日できない理由はここにあるんですね。

参考:定期的に通うのと集中して通うのとではどちらが痩せやすいですか?

溶けた脂肪は優先的にエネルギー消費に使われる

キャビテーションで乳化された脂肪(脂肪溶液)は、尿となって排出される前に、エネルギーとして使われる方が優先度は上。

これは脂肪燃焼のメカニズムが分かれば一目瞭然。脂肪は、固まった脂肪を溶かして血液に溶け込ませて筋肉に運び、エネルギーに変えることで燃えます。

キャビテーションで脂肪は溶けているので、いつでも燃やす準備OKな状態。

「軽い運動でいいので体を動かしてあげるとますます痩せる」言われるのはそのためなんです。

参考:キャビテーションの効果を120%発揮する有酸素運動

ポイントは乳化!

液状にすることで、尿やエネルギーとして脂肪を減らすんだね。

溶けた脂肪は体の中に残ったりしないの?

実は、脂肪を溶かしてもリンパマッサージ(リンパドレナージュ)やマシン吸引(肌の上からマシンを当てて脂肪をリンパに押し流す)をしないと、脂肪はその場に残ったまま。

せっかくキャビしたのだからしっかり痩せたいですよね。なので、脂肪が残らないようにマッサージやマシン吸引もセットでコースになっているのはそのためなんです。

もし脂肪が残ったらどうなるの?

いずれ、リンパを通して排出されますよ。しかし、これではキャビテーションの効果が表れるまで時間がかかるので「痩せない!効果がない!」と不満を言いたくなる原因になります。

ちなみに、トロトロの液状に乳化しているので、固まることはほとんどありません。脂と水を混ぜて作るマヨネーズが冷蔵庫で固まらないのと同じことですね。

壊れた脂肪細胞はどうなるの?

キャビテーションをすると、脂肪細胞がパンッと割れてドロッとした脂肪が流れ出します。

中の脂肪は乳化して流れるけど、その脂肪を包んでいた細胞壁の残骸は、体内のお掃除屋さんであるマクロファージがきれいに食べてくれます。

脂肪細胞の数が減るので、リバウンドしにくいわけですね。

キャビテーションって、痩せる準備なんだね。

キャビ単体では痩せないから、脂肪をどうにかするためのトリートメントが大切なんだよ。

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報