キャビテーションQ&A

キャビテーションは医療クリニック(病院)よりエステ│機器や料金の比較

キャビテーションは、エステと美容クリニックのどっちがいいのかな?
医療用の方が効果がありそうですが、エステとの違いが気になりますよね。

結論からいうと、エステと同じマシンを使っている美容クリニックもあるので、他のメニューを同時に受けても料金が安いエステの方がいいです。

なので、クリニックを解約してエステに通い直す女性が多いんですよ。

私たちが痩せたエステも掲載


キャビテーションできるエステの一覧

医療用とエステ用のキャビテーションの違い

「クリニックのキャビテーション機械の方が効果がありそう。」
医療機関でキャビテーションができると知っている女性は、みんなそう思うでしょう。

実は、某キャビテーションマシンは、医療機関向けと称して販売&レンタルされているけれども非医療機器です。

つまり、医療用ではないのでエステでも導入可能。
私が、有名エステで使われているキャビテーション機器の導入状況について調べてみたら、同じ機器を導入しているクリニックが多いことが判明しました。

さき
どのクリニックの、どのマシンなのかは、控えさせていただきます。

医療用とエステ用の区別がないキャビテーションマシンについては、脂肪を溶かす効果は、エステもクリニックも同じです。

さき
医療用とエステ用の区別がないマシンがある一方で、医療専用のキャビテーションマシンも存在するんだよ。

医療用キャビテーションマシン

キャビテーション機器には、医療エステ兼用のものがある一方で、医療専用の機器もあります。

エステ向けのキャビテーションを使うクリニックがある一方でもあります。

さき
医療用キャビテーションは、キャビタ(KAVITA)やキャビティセルシステム(CCS)あたりが知られているよ。

気になっているクリニックがあるなら、医療用キャビテーションを導入しているかどうか必ず問い合わせしてくださいね。

もし、医療エステ兼用のキャビテーションマシンを使っているなら、高い料金を払うハメになりますから!

さき
脱毛も、エステよりクリニックの方が効果あるよね。でも、エステの方が人気なのはキャビテーションも同じ。

こんな人はクリニックのキャビテーションが良い

費用や通いやすさで比べたら、エステの方がだんぜん上。
けれども、クリニックに行った方が良い場合もあります。

体内に金属が入っている

骨折手術などで体内にチタンボルトなどの金属が入っていると、エステで100%断られます。
なぜなら、金属がキャビテーションの超音波で震えて、カラダに影響を及ぼすかもしれないから。

影響は検証されていませんが、もしものためにエステは受け入れてくれないので、クリニックで診断してもらった方が安全です。

ただし、脂肪の燃焼&排出は自分でやらなければならないので、エステより効果が出にくいこともあります。

さき
効果が感じられなかったら、脂肪溶解注射のように金属に影響のない痩身メニューにするか、金属を取り除いたあとでエステに鞍替え。

キャビテーションはクリニックよりエステが人気

キャビテーションに通っている人は、ほとんどがエステです。

脂肪を溶かす力は、エステも美容クリニックも同じ、もしくはクリニックの方が上なのに、みんながエステを選ぶのは次の3つの理由があるから。

  • 店舗が多くて気軽に通える
  • 安い
  • 効果が感じられる

店舗が多くて気軽に通える

区別 エステ クリニック
身近さ 店舗が多くて身近 店舗が少なく通いづらい
別店舗へ移動 できる 系列店舗が少なく難しい

エステの方が店舗がたくさんあるから通いやすいのは、あなたも感じてる通り。
国の調査でも、エステの方がたくさんあることがハッキリしています。

エステ事業所数 美容外科施設数
5,877 1,233

参照:経済産業省平成29年特定サービス産業実態調査
参照:厚生労働省平成29年医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況

さき
エステは会社の数が掲載されているから、店舗数はもっと跳ね上がるよ。

エステの方が安い

下記は、エステ(ヴィトゥレ)と医療クリニック(都内某クリニック)の料金を比較したものです。

区別 エステ 医療クリニック
料金 7,676円(税抜き) 32,000円(税抜き)
キャビーテーション 1回1部位 1回1部位
燃焼・排出ケア ラジオ派など(料金に含む) 高周波(オプションで+6,000円)
総額 7,677円 38,000円

料金の安さは、明らかにエステ!
もし、クリニックがエステと同じマシンを使っていたらと思うと・・・

さき
価格差は4~5倍。総額が同じなら、エステの方が4~5倍多く通えるね。

効果が感じられる

キャビテーションで溶けた脂肪をカラダからなくするには、燃焼&排出のトリートメントが必須!
裏付けるように、某クリニックで行われている施術手順に、次のような説明があります。

「老廃物(脂肪)を排出するために、水を飲みます。」

クリニックであれ、溶かした脂肪を排出しないとキャビテーションの効果がないことが読み取れますね。

なので、ヒートマットやリンパドレナージュなどで脂肪を燃やしたり出したりしてくれるエステの方が効果が出やすいんです。
クリニックでは、ハンドマッサージなんてやってくれませんから!
参照:脂肪細胞が壊れて乳化した脂肪の行方は?

さき
クリニックより安く燃焼や排出までやってくれるエステの方がいいと思うんだ。

エステのキャビテーションの基準(効果と安全性)

キャビテーションで脂肪を溶かす(脂肪細胞を壊す)には、ある一定の超音波(周波数)が必要です。
一般に出回っているマシンの周波数は18~40kHz(キロヘルツ)で、脂肪に有効な周波数ともされています。

さて、日本エステティック機構が2014年12月に定めたエステ機器の認証規格に、超音波マシンについてはこう書いてあります。

超音波エステティック機器とは、美顔・美肌・超音波導入・シェイプアップ等の目的で水、若しくは化粧水等を用いて18kHz以上の超音波を使用するフェイシャル、又はボディ用の機器をいう。
※引用:エステティック機器認証規格

超音波は、脂肪に働く18kHz以上なければ美容機器として認可されませんが、キャビテーション機器はどれも18kHz以上です。

安全基準としては、

  1. 表面温度は50℃が上限
  2. 超音波が出てる状態を目視できる表示がある
  3. タイマー機能付き

の3つが規定されているほか、お肌の表面温度は、日本超音波医学会によって43℃を超えないように制限されているので安全です。

さき
厳しい基準によって、効果が保証されていると考えていいよね。

【まとめ】エステ?クリニック?キャビテーションはどこで受けるべき?

使ってるマシンは、エステもクリニックも同じ、もしくはクリニックの方が良い。
けれども、料金の安さやコースメニューの充実度から、エステの方が人気です。

クリニックは勧誘がないけど、エステはめちゃ勧誘してくるお店もあるのでウザいと感じるかもしれませんね。
エステの勧誘は法律で制限されているので、どのエステもあっさりとした勧誘しかしてきませんよ。

私たちが痩せたエステも掲載


キャビテーションできるエステの一覧

-キャビテーションQ&A

Copyright© スリムキャビ , 2019 All Rights Reserved.