キャビテーション豆知識

キャビテーション機械はどれがいい?機器ごとの特徴│痩せやすいエステ選びの参考書

業務用キャビテーション機器の特徴説明画像

エステでキャビテーションを受ける前に確認したいのが、使っている機器です。
業務用キャビテーション機械にはたくさんの種類があり、それぞれ性能が異なるので、ダイエット効果に差が生まれます。

ここでは、国内で使われている業務用キャビテーション機械を紹介していきます。

なかでも注目していただきたいのが、周波数帯とプローブの材質です。
25kHz~40kHzの超音波は脂肪が溶けやすく、金属プローブ(肌に当てる部分)を使っていれば、効果が出やすくなります。

お探しのマシンが業務用じゃないなら、こちらのページで家庭用キャビテーションを比較しているのでご覧ください。

キャビリポ

キャビリポDEX-Vの画像

参照:https://www.miyatouch.com/products/detail.php?product_id=2433

キャビリポは、安心の日本製キャビテーション機器です。

特徴と機能

キャビリポの特徴は、キャビテーション特有のキーンとする音(骨伝導音)がほぼないということ。

さき
音の軽減について特許を取っています。

ただし、業界ではお手軽マシンとして知られていて、効果については可もなく不可もなくといったところです。

本体価格は68万円。
業務用としては格安プライスで、個人エステがお気軽に導入できる価格帯です。

さき
「効果ない」ってネガティブな感想を聞くことがありますが、もしかしてキャビリポだったりするのかな?

部位ごとに特殊ヘッドを使い分けて脂肪を除去します。

パワーアップバージョンの「キャビリポDEX-V(キャビリポデックスブイ)」があるので、そちらの機器の方がいいですよ。

周波数帯 付属機能 プローブ 製造国
25kHz 吸引
EMS
光LED
ローラー
シリコン OK 日本

※上記スペックは、キャビリポDEXのものです。

キャビリポDEX-Vのローラーは、エンダモロジーっぽさがあります。

さき
キャビリポの周波数帯は4kHz。脂肪が解けるキャビテーションは20~70kHzで起こるといわれているので、キャビリポDEX-Vを選んでくださいね。

採用しているエステ

世界30カ国で1,200台以上が利用されています。

スリーマックスビューティー

スリーマックスビューティの画像

参照:https://taisya.net/product/metabo/3max.html
スリーマックスビューティー(3MAXbeauty)は、大手エステサロンも採用している人気の業務用キャビテーション機器です。
評価も高く、日本で一番採用されています。

特徴と機能

スリーマックスビューティーには、最新キャビテーション、ラジオ波、クラッシュ吸引の機能が1台のマシンに搭載されていて、ガンコなセルライトをダイレクトにアタックします。

ラジオ波と吸引は、ボディ用とフェイシャル用に分かれています。
ボディ用には「マルチポーラシステム」が搭載されていて、3極のラジオ波(トライポーラ)で、体を表層から深部までじっくりと温め、効果的に脂肪を溶かします。

吸引は、4種類のクラッシュ吸引モードが選択できます。
吸引で脂肪を揉みほぐしながら、赤色LEDライトの温かさで脂肪を溶けやすくします。

周波数帯 付属機能 プローブ 製造国
32~36kHz ラジオ波(RF)
クラッシュ吸引
シリコン 韓国
さき
32~36kHzは、人体に優しい周波数帯といわれています。

大手エステの採用状況

ベルルミエール

キャビフル(Cavi-FR)

キャビフルの画像

参照:https://www.beautygarage.jp/p/ES-2388N-S
キャビフルは、即効性があり効果が続きやすい業務用キャビテーション機器です。

痩せるという口コミで人気のブルームが採用しているだけあって、リピーターが続出しています。

特徴と機能

わずか20分の短時間で効果がでやすいのが特徴。
モニターさんが体験したところ、4回(2週間)で次の結果となりました。

  • へそ周り → マイナス5.5cm
  • ウエスト → マイナス4.5cm
  • 太もも → マイナス2.3cm
  • ふくらはぎ → マイナス1.4cm

製造国は韓国ですが、開発者は伏川亜利子さんという日本人です。
この方、日本エステティック協会の理事であり、同協会のトータルアドバイザーでもあり、看護師でもあり、エステティシャンでもある経歴の持ち主。

医療と美容の視点からエステ用機器の開発に取り組んでいるので、安全・安心という面ではお墨付きですよ。

周波数帯 付属機能 プローブ 製造国
未公表 ラジオ波(RF)
光エステ
金属 不可 韓国
さき
本体価格は120万円。
業務用キャビマシンとしては安い方ですが、効果があるのは日本人が開発しているからなのかも。

赤色LEDの光エステ効果もあるので、美肌も目指せて一石二鳥だよ。

採用しているエステ

  • bloom(都内5店舗)
  • サロンドベル(港区)
  • ロゼブランシュ(千代田区)

そのほか、地域密着型サロンでよく採用されています。

キャビタライズ

キャビタライズの画像

参照:http://www.clare-coltd.jp/app/product/cavitalyse.php
キャビタライズは、フランス製のキャビテーション機器です。性能と比例して本体価格が高く、効果が期待できます。

アメリカなどの大学ではキャビタライズの効果が実証されていて、世界中のエステや医療機関がキャビタライズを導入しています。

特徴と機能

キャビタライズを作っているのは、超音波のトップクラス企業であるフランスのアドバンスビューティー社です。

欧米各国の学術機関で安全性と効果が実証されていて、世界中の医療機関やエステで採用されているんですよ。

さき
キャビテーションは超音波を使います。美容の国フランスにある超音波のエリート企業が日本人の体質に合わせて作っているんですから、期待値が高くなりますよねっ♪

キャビタライズは、「深層に届く波長」、「高い浸透性を持つ波長」という、効果的な衝撃波バブルを発生させる、超音波周波数の重要な要素を備えています。

周波数帯 付属機能 プローブ 製造国
40kHz なし 金属 不可 フランス

採用しているエステ

世界中の医療機関やエステがキャビタライズを採用しています。

日本国内では、チェーン展開していない本格派エステが導入していることが多いです。

さき
本体価格は380万円。キャビテーション機器の中でもトップクラスの高さです!
効果が期待できますね~♪

ゼロフュージョン

ゼロフュージョンの画像

参照:https://www.be-wavestyle.jp/products/detail.php?product_id=1874
ゼロフュージョンは、日本人の体質に合わせて作られているイタリア製のキャビテーションマシンです。

イタリアのヴェリベルスキンケア研究所が開発され、ハンドマッサージによるリンパドレナージュを再現している、ユニークなキャビテーション機器です。

特徴と機能

キャビテーションで痩せるには、溶かした脂肪の排出(ドレナージュ)が大切です。
ゼロフュージョンのドレナージュは、脂肪は磁気を帯びている脂肪を、磁石を使って脂肪を流し出します。

さき
マグネットキネシスというシステムで、老廃物となった脂肪細胞をリンパ節に押し出します。ハンドマッサージよりも短時間で終わりますよ。

さらに、長時間連続でできる、キーンと響く音がないのも特徴的。

施術部位ごとに周波数を自動コントロールするので、安全に痩せやすく工夫されているのも魅力ですね。

周波数帯 付属機能 プローブ 製造国
40kHz ドレナージュ 金属 可(首/アゴもOK) フランス

採用しているエステ

ゼロフュージョンを導入しているエステは、少な目。
首都圏では、ラスター(新宿・横浜に3店舗)が導入しています。

価格は375万円。キャビマシンの中では高い部類に入ります。

キャビポット

キャビポットの画像

参照:BE-WAVE Style

キャビポットは、キレイサローネでも採用している海外製のキャビテーションマシンです。

特徴と機能

キャビポットは、キャビテーション専用マシンです。
吸引やラジオ波などの機能は付属していないので、本体価格はリーズナブル。

そのかわりに、燃焼や排出ができるマシンや施術を用意しなければいけません。

周波数帯が公表されていませんが、痩身エステのキレイサローネで痩せた実績があるので、25kHz~40kHzと想定できます。

また、製造国も正式に公表されていませんが、エステ機器のポット(pot)シリーズを展開する韓国「EunSung社」製と思われます。

周波数帯 付属機能 プローブ 製造国
不明 なし 金属 不可 韓国

採用しているエステ

日本国内では、キレイサローネ(首都圏に4店舗展開)が導入しています。

さき
キャビテーション専用の単体機なので、本体価格やメンテナンス費はリーズナブル。エステ料金の安さに還元されるかなぁ。

-キャビテーション豆知識

Copyright© スリムキャビ , 2019 All Rights Reserved.