キャビテーション豆知識

ハイパーナイフとキャビテーションの違いを一目で紹介!併用のコツと注意点も掲載

ハイパーナイフとキャビテーションは、王道ともいえる人気の痩身メニュー。
そのため、エステに通うとき「どっちにしようかな?」と迷う人がなかなか多いんです。

ここでは、それぞれの違いや、痩せやすい併用のしかたと注意点を紹介します。

どちらもダイエット効果がありますが、違いを見比べつつリスクが分かれば、今受けるべきはどちらなのかサクッと決めることができますよ。

項目ハイパーナイフキャビテーション
脂肪の溶かし方ラジオ波超音波
即効性即日痩せる即日だがハイパーナイフより劣る
リバウンドするしにくい
施術時間1部位10分1部位20分
料金高い安い

即日痩せるけど、リバウンドするかもしれないハイパーナイフ。
一方、なかなかの即効性とリバウンドしにくいメリットがあるキャビテーション。

どちらか片方を選ぶなら、

1日でも早く、1ミリでも多く細くなりたい
→ハイパーナイフ

即効性も安全性も欲しいしリバウンドしたくない
→キャビテーション

となります。

2つを併用すると、即日やせてリバウンドもしにくくなる、イイトコどりができるんですよ。
さらに、落ちにくいセルライトを除去しやすくなりますっ♪

ハイパーナイフとキャビテーションは併用できる

2つの施術は、熱の伝わり方も脂肪の溶かし方も違うため、併用することができます。

1度のエステで同時に受けるなら、ハイパーナイフ→キャビテーションの順番がオススメ。
なぜならば、ダイエット効果がアップするからです♪

というのも、キャビテーションはあらかじめ体(お肉)を温めておくと効果がでやすくなるんですね。

ハイパーナイフは熱を直接伝えるため、余計な脂肪がよ~く温まってキャビテーションに最適なコンディションができあがるんです♪

余計なお肉が多い人ほど、併用の効果を感じやすいのも見逃せません。

複数部位の併用はなるべく控えよう

ハイパーナイフもキャビテーションも、溶かした脂肪を肝臓に流すので体に負担がかかります。

特にキャビテーションは脂肪がよく溶けるので、1度のエステでできるのはせいぜい2~3部位程度(1部位20分として)。

併用することで、溶ける脂肪の量はさらに多くなりますから、肝臓は忙しく働きっぱなし。
処理しきれなかった脂肪は体内をグルグル巡って、最後には脂肪細胞に再び取り込まれてしまいます。

せっかくエステに行ったのに・・・ね。

  • 肝臓を疲れさせない
  • 溶かし過ぎた脂肪を体に溜め込まない

ためにも、複数部位はなるべく控えた方がいいかも。
ただし、「いつも軽めの運動してるよ~」ってなら、一気に複数部位やった方がグングン痩せます!

ハイパーナイフとキャビテーションの違い

大きな違いは、脂肪の溶かし方!

ハイパーナイフは、脂肪を温めて溶かします。
高周波(ラジオ波)により、肌表面から熱を伝えます。

キャビテーションは、脂肪細胞を壊します。
超音波で、余計なお肉だけをブルブル振るわせて、脂肪を溜め込む元から絶ちます。

どちらにもメリットとデメリットがあるけれども、人気なのは安全性・即効性・リバウンド対策を兼ね備えているキャビテーションです。
その証拠に、キャビテーションできるエステの方が圧倒的に多いんです!

違いは他にも、痩せやすさ・リバウンドのしやすさ・施術時間・当てられるボディパーツがあります。

即効性はハイパーナイフが優れている

ハイパーナイフとキャビテーションのどちらも即効性がありますが、体感しやすいのは脂肪を効率的に温められるハイパーナイフです。

キャビテーションはリバウンドしにくい

キャビテーションは、超音波で脂肪細胞を壊して減らすので、リバウンドしにくいのがメリットです。

ハイパーナイフは脂肪細胞が縮むだけ。
定期的に施術するか運動をしないと、元に戻りますよ。

施術時間はハイパーナイフが短い

ハイパーナイフの施術時間は、1部位あたり10分が目安。
キャビテーションは1部位20分が標準的な時間です。

ハイパーナイフの方が早く終わるように見えますが、どちらも脂肪を燃焼・排出するメニューを受けないと痩せられません。

そのため、どちらもコース全体の時間は60分前後となっていて、大きな差はありません。

ハイパーナイフはフェイシャルOK

ハイパーナイフは、顔に当てても大丈夫。ちゃんと、顔用アタッチメントが用意されているんですよ。

キャビテーションは、骨でゴツゴツしているところに当てられません。
頬骨や顎はお肉がつきにくいし耳鳴りしやすいため、ほとんどのエステでNG部位としています。

デメリットや危険性を比較

「何かしら危険性があるのでは?」と考えるのは当たりまえでしょう。

キャビテーションは医学的に安全性が立証されていて、ハイパーナイフは製造元が安全をPRしています。
とはいえ、少なからずデメリットはつきもの。

ここでは、肝臓に与える影響や火傷のリスクについて紹介します。

肝臓に負担がかかる

どちらの施術も、溶かした脂肪を肝臓に流すので、肝臓に負担がかかります。

とくに、キャビテーションは溶ける脂肪の量が多いので、1日の部位数が制限されているほど。

ハイパーナイフは、1度のエステで全身OKです。

ハイパーナイフには火傷のリスクがある

ハイパーナイフは、製造元が「ヤケドしない」「安全に施術できる」としていますが、実際に受けてみた人からは「火傷するかと思った!」という口コミが寄せられています!
原因は、エステティシャンの技術力不足だったと考えられます。

このコメントから、マシンを扱う人によってはヤケドのリスクが高まることがよ~く分かると思います。

ほかにも、やけどしそうになった感想がありました。

やけどしそうになっている原因は、間違った角度でプローブをお肌に当てているからだと思われます。

というのも、ハイパーナイフはプローブから3cm~5cmまで熱が届きます。
もし、お肉をつまんだり寄せるようにしながらプローブを横or斜めにあてるとしたら・・・。

そうです。
熱が届く位置に皮膚表面がきてしまい、火傷のようになっちゃうんです!

つまり、ハイパーナイフの扱いに慣れていないエステティシャンが担当になると、やけどするかもしれないのですね。

キャビテーションで火傷の心配はゼロ

キャビテーションには火傷の危険性はまったくありません。ゼロ。
なぜならば、脂肪細胞を直接熱するものではないからです。

超音波で脂肪が震えて熱が生まれますが、温度は熱めのお風呂と同じ41度~42度までしかあがらないため、火傷をしません。

どちらも脂肪の燃焼&排出が必要!

ハイパーナイフもキャビテーションも、溶けた脂肪を燃焼したり排出をしなければ痩せません。

なぜなら、どちらも「脂肪を溶かすだけ」のものだから。
溶けた脂肪をそのまま放置すると、体の中に取り込まれて固まっちゃうので意味がないんです!

燃焼や排出のメニューは、以下のものが有名です。

  • ヒートマット
  • ドームサウナ
  • ハンドマッサージ(リンパドレナージュ)
  • 吸引

ハイパーナイフにはハンドマッサージの効果がある

ハイパーナイフには、老廃物を流すほぐし機能がついているので、簡易的なリンパマッサージに似た効果があります。

ただし、リンパに沿って当てないと、溶かした脂肪や老廃物が流れないので効果が薄れます。

ハイパーナイフがどんなに効果のあるマシンとはいえ、結局はエステティシャンの技量に左右されてしまうことを覚えておきましょう。

痩せやすくなる施術後の過ごし方

ハイパーナイフもキャビテーションも、施術後は

  • 水をたくさん飲む
  • 2~3時間は食事禁止

の2つを守ってくださいね。特に、食事をしないは厳守してください!
じゃないと、せっかく減ろうとしている脂肪を逆に溜め込んでしまいますからっ。

詳しくは、キャビテーション後の食事のページとキャビテーションの効果を高めるページで紹介しています。
本気で痩せたいならご覧ください。

なお、施術してから4日間ほど脂肪が燃えやすい期間が続くので、軽い運動をするとさらに痩せますよ。

-キャビテーション豆知識

Copyright© スリムキャビ , 2020 All Rights Reserved.