キャビテーションとは?どうやって痩せるの?

超音波で脂肪をまるごと壊してリバウンドしない痩身メニューのキャビテーション。
「痩せるって聞いたけど、詳しく分からないんだよね」という人も多いはず。

このページでは、「キャビテーションってどんな痩身メニューなの?」「どうして痩せるの?」といった質問にお答えします。

実体験したからオススメ

キャビテーションってなに?

「キャビテーション=空洞現象」は、圧力差で液体の中に真空の気泡が発生する現象です。

美容痩身では、超音波を脂肪細胞に当てて脂肪を溶かしつつ、細胞内の気泡がはじける力で脂肪細胞を壊すことをキャビテーションと呼び、日本では2013年頃から知られるようになりました。

もともとは、地質学や流体力学で使われていた言葉ですが、今では「キャビテーション=痩身法」というイメージが定着しました。

超音波で脂肪がなくなる理由

人の耳では聞こえない高音(超音波)が出ているキャビテーションマシンの先(プローブ)をお肌に当てると、脂肪細胞だけが1秒間に3万回以上ぶるぶる震えて、真空の気泡が発生します。

気泡は時間とともに大きくなり「パンッ」と割れた衝撃波で、脂肪細胞を壊します。

イメージとしては、冷凍庫に入れた水が氷になるとき、膨張しながら中に泡ができるようなかんじです。

ちなみに、医学的な臨床実験で「安全&痩せ効果あり」と実証されています。

脂肪を蓄える細胞を壊すから「切らない脂肪吸引」とも言われていて、ダイエットで失敗続きなのに痩せられる人も多いんです。

ジーンズやスカートがすんなり入るかも♪

実体験したからオススメ

脂肪だけを狙い撃ちしてボディメイキング

「キャビテーションしようかな」って女性は、下半身の脂肪(セルライト)がお悩みのタネってことが多いんです。

セルライトは脂肪の塊なので、痩せにくいし、お肌はデコボコになるしなど百害あって一利なしですが、結局は脂肪なのでキャビテーションで砕いて脚やせできます♪

脂肪が溜まりやすくセルライトができやすいお腹回りも得意だから、自力では難しい部分痩せがやりやすく、体型や体質に左右されずにスリムボディになれるんですよ。

脚やせにキャビテーションが良い理由

脂肪細胞には、脂肪を「使う」と「貯める」の2つの窓口があります。

この窓口をレセプターというんですが、女性の下半身の脂肪細胞は、貯める方のレセプターがめちゃ多いから余計な脂を溜め込みやすいんです!

なのに、使うときは上半身が優先される(使うレセプターは上半身の方が多い)ので、いつまでたっても脚は痩せないままだから、脂肪を直撃するキャビテーションは、脚の悩み解消にピッタリなんですよ。

もちろん、お腹や二の腕やせもできます。フォルムは細く、お肌も滑らかに♪

私が痩せたエステ

どのくらい時間・期間がかかるの?

キャビテーションを当てている時間は15分~20分程度で、効果を高めるRF吸引やリンパドレナージュといった排出メニューも一緒にやるので、トータル1時間ほどです。

効果は、早ければ即日サイズダウンできますし、セルライトが頑固な人でも3回目ぐらいで効果を実感できますよ。

キャビテーションしてから3~4日間は脂肪が溶けたままだから脂肪が燃えやすく、この期間にウォーキングなどの有酸素運動をしたり食事に気を付けることで、グングン痩せるんです。

脂肪細胞がなくなるので、リバウンドしにくいのもうれしいメリットです。

キャビテーションを「いいな」と思ったらどうぞ↓

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報