キャビテーションは病院の医療用とエステのどっちがいいの?


キャビテーションは、エステだけじゃなく美容クリニックでも受けられます。医療用の方が効果がありそうですが、エステとの違いを教えてください。

キャビテーションは、クリニックもエステもマシンは変わらないので、効果を感じやすくてお得なエステがイイと思います♪

クリニックを解約して、エステに通い直す人も多いんですよ。エステとクリニックを比較すると、エステに軍配が上がります。

知っておきたい医療用とエステ用のマシンの違い

「クリニックの方が効果ありそう」と感じるのは、きっと「マシンにパワーがありそう!」と思ってるからではありませんか?

実はそんなことなくて、某キャビテーションマシンは、医療機関向けと称して販売&レンタルされていますが、実は非医療機器です。

つまり、医療用ではないのでエステでも導入可能。
私が、有名エステで使われているマシンをリサーチしたら、このマシンを導入しているところが多いことが分かりました。

キャビマシンに医療用とエステ用の区別がありません。
なので、脂肪を溶かす効果は、エステもクリニックも同じです。

効果性と安全性も基準で定められている

キャビテーションで脂肪を溶かす(脂肪細胞を壊す)には、ある一定の超音波(周波数)が必要です。
一般に出回っているマシンの周波数は18~40kHz(キロヘルツ)で、脂肪に有効な周波数ともされています。

さて、日本エステティック機構が2014年12月に定めたエステ機器の認証規格に、超音波マシンについてはこう書いてあります。

超音波エステティック機器とは、美顔・美肌・超音波導入・シェイプアップ等の目的で水、若しくは化粧水等を用いて18kHz以上の超音波を使用するフェイシャル、又はボディ用の機器をいう。

参照:エステティック機器認証規格

超音波は、脂肪に働く18kHz以上なければ美容機器として認可しないということですが、どのキャビマシンも18kHz以上です。

安全基準としては、1:表面温度は50℃が上限、2:超音波が出てる状態を目視できる表示がある、3:タイマー機能付きの3つ。

表面温度は、日本超音波医学会によって43℃を超えないように制限されているので、大丈夫です。

参照:超音波診断装置の安全性に関する資料

エステで受けた方が良い3つの理由

マシンはエステもクリニックも違いはないことが分かっていただけたと思います。

実際に、キャビテーションに通っている人はほとんどがエステです。

脂肪を溶かす力はエステも美容クリニックも同じなのに、エステが選ばれるのには3つの理由があるんです。

  • 気軽に通える
  • 安い
  • 効果が出やすい

店舗がたくさんあるから通いやすく、価格競争で安く受けられるのが大きなメリットですね。

しかし、「効果が出やすい」とありますが、脂肪を溶かすのは同じなのにどうして効果が違うのか疑問に感じたかもしれませんね。

なんと、キャビテーションで溶けた脂肪は、燃焼&排出のトリートメントをしないとなくなりません。
なので、ヒートマットやリンパドレナージュなどで脂肪を燃やしたり出したりしてくれるエステの方が効果が出やすいんです。

参照:脂肪細胞が壊れて乳化した脂肪の行方は?

クリニックでは、ハンドマッサージなんてやってくれませんから!

まだあるエステの方が良い理由

キャビテーションをすると、体内の深部温度が41℃ぐらいまで上がるんです。
20分ほどのトリートメントとはいえ、終わったら汗だくなのでメイクが崩れます。

お直ししないで帰るなんて、ハズカシイ・・・。
でも、エステならメイクルームがあるから、汗で崩れたメイクを直せますよね。

クリニックに行った方が良いのはこんな人

ここまで、費用や効果の面からエステの方が優れているとお伝えしてきましたが、クリニックに行った方が良い人もいます。

体内に金属が入っている人

骨折手術などで体内に金属が入っていると、エステで100%断られます。

手術で使われるチタンボルトなどがキャビテーションの超音波で震えて、カラダに影響を及ぼすかは定かでありません。
けれども、万が一何かがあるとイヤなので、エステは受けさせてくれません。

なので、体内に金属がある人は診断してもらえるクリニックが良いでしょう。
ただし、脂肪の燃焼&排出は自分でやらなければならないので、エステより効果が出にくいことは覚悟しておきましょう。

もし、効果を感じられなかったらエステに鞍替え。
その時は、クリニックでやっても影響は何もなかったことを必ず申し出ないと、お断りされちゃいますよ。

どうしてもクリニックに行きたいなら

どうしてもクリニックが良いのなら、キャビテーションをやめて、クリニックだけでできる脂肪溶解注射などを受けた方がいいでしょう。

しかし、キャビテーションの方が広い範囲の脂肪を取り除けます。
※脂肪溶解注射=手のひらサイズ、キャビテーション=部位全体

【まとめ】エステ?クリニック?キャビテーションはどこで受けるべき?

使ってるマシンは、エステもクリニックも同じなので、お財布に優しくてキャビ痩せ効果をアップしてくれるエステの方が人気です。

通う人が多いから、安くなるのは当たり前ですよね。

そういえば、クリニックは勧誘がないけど、エステはめちゃ勧誘してくるお店もあるのでウザいと感じるかもしれませんね。
どうしても断り切れない優しい心の持ち主なら、勧誘がない、またはあっさりしているエステを選ぶのが良いですよ。

勧誘あっさり → キレイサローネ
勧誘ゼロ → ブルーム

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報