家庭用キャビテーションでは痩せない2つの理由

お腹回り・太股・おしりの脂肪やセルライトを、家庭用キャビテーションマシンで砕きたいけど
「どのマシンがいいの?」
「本当に痩せられるの?」

など疑問がたくさん。

私、昔(2014年頃)に家庭用キャビテーションを持ってたけどまったく痩せず。お肌表面が痛みで真っ赤になっただけでした。

調べてみたら、家庭用で痩せた話をあまり聞かないし、マシンの性能的にも効果が低くて当たり前。そして、効果的な使い方ができていなかった・・・

家庭用キャビが痩せにくい(※「痩せない」ではない)理由を、実体験と性能面から切り込んで正直に紹介します。

結論から言うと、家庭用は痩せにくいけど効果を上げる方法があり、それ以上にエステの方が痩せます。

早く痩せたい人向け

1回のエステでウエスト3cm痩せた私が、「家庭用よりもエステの方が痩せる!」と断言しちゃいます。

痩せるキャビテーションエステ特集

評判の家庭用キャビで効果を実感しにくい2つの理由

お手軽に痩せられるキャビテーションが人気で、美容クリニックやエステはもちろん、家庭でも美容家電で気軽にトリートメントできるようになりました。

ところが、家庭用キャビテーションは痩せにくい理由が2つあります。

  1. 脂肪が溶けにくい超音波を使ってる
  2. 溶けた脂肪を体内から無くする機能がない

この2つの理由と対処法を詳しく紹介します。

理由1:脂肪が溶けにくい超音波を使ってる

家庭用キャビテーションマシンが出す超音波は、肌表面向けのを使っているので、脂肪が溶けにくいんです。


キャビテーションは、超音波で脂肪を溶かして(壊して)痩せます。

脂肪に働きかける超音波は17~40kHz(キロヘルツ)という低い周波数帯で、数字が小さいほどカラダの奥まで届くので脂肪が溶け、高いとお肌表面で止まる性質があります。

家庭用キャビマシンは330kHzで、中には1MHz(メガヘルツ=1000kHz)のマシンもあり、脂肪が溶にくい周波数です。

1メガヘルツは、ほうれい線やたるみなどお肌のトラブルを改善する超音波美顔器(1~5メガヘルツ)と同じですが、少なからず脂肪が溶けることは、こちらのユーチューブ動画「1MHzキャビテーションの検証」で確認できます。

1MHzのキャビテーションで脂肪を溶かす実験

理由2:溶けた脂肪を燃焼&排出する努力が必要

キャビテーションは脂肪を溶かすだけ。溶けた脂肪を減らすなら、運動やリンパマッサージが必要です。


キャビテーションは、溶かす・燃やす・出す(排出)の3つをやらないと痩せません。

溶かした脂肪を燃やしたりカラダの外に出さなければ、溶けた脂肪は再び他の脂肪細胞に取り込まれてしまうからです。

それなのに、家庭用は「溶かす」だけ(あまり溶けない)で脂肪は体の中に残るから、キャビテーションの意味がありません。

エステのキャビテーションが痩せやすいのは、燃焼マシンで燃やしてマシン吸引などで出してるからなんです。

家庭用キャビで同じ効果を得るなら、有酸素運動や自分でリンパマッサージしなくちゃダメなんですが、気軽に痩せたいのに「自分で運動やハンドマッサージしろ」ってなるから、気が付くと怠けてしまって痩せにくいんです。

家庭用キャビの効果を実感しやすくする方法

家庭用キャビテーションは痩せにくいだけで、ちょっとは効果があるから「痩せたよ♪」「脂肪が柔らかくなった^^」「腕や脚が細くなった」と喜ぶ女性がいるんですよね。

その効果を、もっとアップさせる方法を紹介します。

「効果が出た」っていう感想や口コミは、キャビマシンの付加機能であるRF(脂肪を熱で柔らかくする)やEMS(筋肉を刺激する)機能による効果も大きいと思います。

家キャビはお風呂で!脂肪を溶かして燃やすのにうってつけ

エステでも使っている方法なんですが、脂肪は温めると溶けやすくなるので、家庭なら入浴中にキャビするのがベスト。

お肌の表面だけじゃなく体内の深部温度も上がっているので、脂肪が溶ける条件が整っているんです。

肝心のカロリー消費はというと、半身浴なら1時間で100kcalほど、高温反復入浴法なら20分ほどで300kcal以上(ジョギング1時間ぐらいと同じ)も使えるから、溶かした脂肪の燃焼がはかどります

高温反復入浴法は、エステのヒートマットを、出力「中」で10~20分やるのとほぼ同じだよ。

ホントは、マッサージして排出もした方がいいんですが、業務用キャビより溶ける脂肪は少ないから、お風呂で燃焼するぐらいで十分だと思います。

付加機能のEMSも使おう【カロリー消費】

EMSは、筋肉を刺激してボディラインを引き締めるものですが、筋肉を使うから、ほんのちょっとだけカロリーを消費します。

そして、筋肉が増えるので基礎代謝も上がるわけですが、基礎代謝が上がると日常生活だけでもカロリーをさらに消費して脂肪が減ります。

筋肉は増えるけど、脂肪が減るのでボディラインは細くなるし、代謝が良くなるから太りにくいカラダになれるメリットがあるんですよ。

「痩せたのは、キャビよりもカロリー消費のおかげじゃない?」と思ったりもしますが、効果が薄くても脂肪が溶けてるので、やっぱり効果はあるんだなと。

こんな人は家庭用キャビしよう【マシン比較】

さて、家庭用キャビテーションは痩せにくいとはいえ、こんな人は家庭用が向いています。

  • 近くにエステがない
  • 忙しくて行く暇がない
  • エステに不信感がある

地方在住だと効果を出せるエステが近くにないことが多いし、仕事の都合や小さい子供がいるとエステに行けません。

一昔前の痩身エステはしつこい勧誘があった(2001年4月1日にスタートした消費者契約法で勧誘に規制がかかって今は安心)ので、通うのは気が引ける人もいるでしょう。

家庭用は、エステより長期戦になることを前提に使ってください。

早く痩せたいなら、エステの方が断然いいです。
参考:私が1回でウエスト3cm痩せたキャビテーション


家庭用の多くは、ダイエット効果が劣るうえに自力で燃焼・排出をしなくちゃいけないので、お風呂キャビでちょっとでも多くの脂肪を溶かして燃やしてくださいね。

家庭用キャビテーションを比較

家庭用キャビテーションは、ドクターキャビエット(販売終了)、LMH6とLMH88(どちらも13万円ほど)、LMH17(20万円ほど)などがありますが、国産マシンを厳選するなら、ボニックプロ、キャビスパRFコアEX、美ルルキャビ3つです。

どれも、キャビテーション、RF(ラジオ波)、EMSの痩せる3機能がついてます。

スキンケア&バストケア機能は不要かな。バストケアはEMSでやるし、マシンを肌で滑らせるためのジェルでスキンケアができるので。

効果を高めるためにお風呂でキャビテーションしたいので、浴室で使える防水機能は必須

ということで、私なら、お手頃価格でしかも「痩せる」が得意なライザップグループのボニックプロ一択。

マシンの見た目で美ルルキャビを選ぶ女性も多いですが、お風呂キャビができないので私はナシです。

家庭用キャビテーションマシンのまとめ

家庭用キャビテーションを使って、ほっそりスリムになるにはコツが必要なので、「痩せたよ♪」よりも「効果がない・・・」の方が圧倒的に多いんです。

失敗しないためにも、お風呂キャビをしたり、ときどきでいいので有酸素運動やセルフハンドマッサージもしてみてくださいね。

急いで痩せたいからといって、近所の個人エステに通うのは失敗のもとかも。

実は、家庭用マシンを業務用として使っている可能性がありますし、粗末なコピー商品(海賊版)も出回っていて、表示しているパワーが出せてないものもあるとのこと。

マシンによっては、販売ページ内に業務用として使う場合の但し書きがあるんですよ。

コピーといえば、大国である某隣国が思い浮かびますが、「40kHzは本当だろうか」とギモンを感じちゃいます。

なので、エステは中小規模のお店を選ぶのがベストです。

私の経験上、エステの方が早く確実に痩せます。

なぜなら、エステは脂肪に働きかけやすい17kHZの超音波を出す業務用マシンを使っているし、溶けた脂肪の燃焼と排出も得意だから。

家庭用よりもずっと奥の脂肪をアプローチできるので、私は1回目でウエスト3cmも痩せることができました(実話)。

キャビテーションを「いいな」と思ったらどうぞ↓

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報