キャビテーションでお腹まわりが3cm痩せた私の感想

お腹は、キャビテーションの効果が出やすい部位なので、サイズダウンが目に見えて分かります。「やって良かった~♪」とハッピーな気持ちになれますよ。

れいちゃん、1回で3センチぐらい痩せてたよね。あれはすごかった!

どうしてお腹まわり(ウエスト)が細くなりやすいの?

お腹は、胴体の半分くらいもあり、カラダの中でもかなり大きなパーツです。

ご存じのとおり、脂肪がたっぷり付きやすい部位でもありますよね。

お腹から太ることを裏付けるかのように、脂肪がついてて気になるパーツ断トツ1位の座に君臨しています。

某フィットネスクラブが2012年に実施したアンケートで、75.8%の女性が「お腹が気になる!」と答えたほど。

そんな、脂肪を溜め込むお腹は、脂肪をドロッと溶かすキャビテーションだからこそ、効果が出るのも早いってわけです。

脂肪を溶かす+リバウンドしにくい=痩せやすい

キャビテーションは脂肪を溶かす働きがありますが、もう1つ忘れてはいけない効果があります。それは、リバウンドしにくいということ。

脂肪細胞を壊して、脂肪細胞がカラダの中から減るので脂肪を溜め込む貯蔵庫がない、つまりリバウンドしにくい体になります。

【脂肪が減る + 脂肪を貯められない = 痩せやすい】

この、キャビテーションの方程式は、脂肪を溜め込みやすいお腹まわりにこそばっちり効果を発揮しやすいんですよ。

お腹はセルライト(脂肪のしつこい塊)が多くなりがちなパーツだから、脂肪を溶かせるキャビテーションならセルライト除去にもなって一石二鳥です。

くびれはできるの?

お腹回り痩せのチャレンジは「くびれを作りたい!」という願望と同じですよね。

でも、くびれができるには前・横・後ろとお腹回り(ウエスト)一周痩せしなくちゃいけません。

お腹回りのキャビテーションは、前だけじゃなく、横や背中側にも回り込んでトリートメントしてくれるんですね。

くびれラインに沿ってお腹回りを一周(背骨付近は除きます)ぐるっとキャビできるから、キュッとしまったくびれも夢ではありませんよ。

お腹まわり(ウエスト)のキャビテーションのまとめ

お腹は、厚い脂肪に囲まれたパーツだから、がっつり痩せるまで回数が必要です。

けれども、脂肪が多いから1回あたりの効果はバツグン。痩せた喜びを実感しやすい部位でもあるんですよ。

そして、お腹キャビは、お腹の弱点である「リバウンドしやすい」「脂肪細胞がたくさんある」「脂肪が溜まりやすい」を退治してくれます。

キャビテーションで脂をなくしつつ脂肪細胞を減らすからリバウンドしにくいのがダイエットの味方になりますよ。

ちなみに、腹筋の効果も見えにくいので、キャビが効果的な部位ともいえます。

「パンツがきつくなってきた。」「ファスナーが上がりにくい。」「お腹をフンッと引っ込めてファスナーを上げる日々。」

そして、パンツの上に乗った、だらけたお腹・・・だからといって、パンツを1サイズあげると脚のラインがぶかぶかしてカッコ悪いという悪循環。

Tシャツみたいな薄着は、ぽっこりお腹がモロバレなので、周りの目線が気にならなくなるといいですね。

水着やヘソ出しファッション(するしないは別として)もキマるウエストラインに生まれ変わりましょう♪

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報