キャビテーションで脱セルライト※デコボコ肌がなめらかに

運動では簡単取れないセルライト。ジムに通ってもセルライトがついてると痩せにくいし、マッサージしても痛いので、苦労がほとんど報われません。

でこぼこを取りたいけど、なかなか取れないし途方に暮れちゃいます。

でも、「キャビテーションでセルライトがなくなった」と、友達や雑誌などで知ることも多いですよね。

キャビテーションは脂肪を溶かす施術だから、セルライト除去と相性が良いんですよ。

セルライトのデコボコ肌改善にキャビテーションが良い理由

セルライトが付きやすいのは、脂肪が溜まりやすい部位。

特に、お腹まわり、おしり(ヒップ)、太ももはセルライトの巣窟といってもいいほどです。

冷えてカチカチの脂肪と老廃物でできたセルライトは、「脂肪を溶かす」「老廃物をリンパに流す」の2ステップではじめて除去できるんですよ。

脂肪に老廃物がガッチリくっついているから老廃物だけ流すのは無理なので、まずは脂肪を溶かすのが先決です。

キャビテーションは脂肪を溶かすトリートメント

セルライトは運動では燃えにくく、その周りは血液循環も悪くなっているので、本来なら溶けにくいモノ。

それを、外からのチカラ(キャビテーションの超音波)で強制的に溶かしちゃうんですね。

キャビテーションは、脂肪細胞だけをピンポイントで狙い撃ち。脂肪が溶ければ、老廃物も流れやすい状態になりますよ。

キャビテーションで老廃物をどうやって流すの

キャビは脂肪を溶かすだけなので、老廃物は流れません。

けれども、エステではキャビと一緒にマシン吸引やリンパドレナージュ(ハンドマッサージ)もしてくれるので、老廃物だけじゃなく溶けた脂肪もリンパに流してもらえますよ。

これで、セルライトの脂肪と老廃物のどちらも体の外に出せるから、お肌がなめらかになるんです。

そもそも、老廃物ってなんだろう?

セルライトのことを汁と「老廃物」ってことばを良く目にしますよね。

この老廃物は、体内で使われなくなったゴミのようなもので、アンモニア・尿酸・尿素などなど、リンパを通して、汗・尿・便として排泄させるべきだったもの。

そんなものが、カラダの中で脂と結びつきあってるなんてなんかイヤじゃないですか?

そのデコボコは、本来ならトイレで流すモノの塊なんですから。。。

リンパが滞っているから老廃物が流れずセルライトができる

リンパの流れを良くすると、新しいセルライトはできにくくなります。

なので、リンパの流れを良くしておくことは、セルライトを今以上に増やさない予防策になるんです。

とはいえ、リンパ改善しても、いったんできたセルライトはなくなりません!

キャビでセルライトをなくする→定期的にリンパのケアをすると、セルライトとは無縁な生活になりますよ。

キャビテーションでセルライト除去のまとめ

自分で頑張っても取れないセルライトは、まずはキャビテーションで取り除くのが手っ取り早いです。

セルライトが多い・冷えている・デコボコが激しいなら、脂肪を溶けやすくするラジオ波(RF)を一緒にうけると効果アップ♪

運動やマッサージは、除去したあとにセルライトを増やさないために有効です。

セルライトが減ると、セルフマッサージしても痛みが少なくなっていくので効果を感じられますよ♪

1日も早く、お肌が滑らかになりますように。

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報