高周波ダイエットとキャビテーションの比較

高周波ダイエットのラジオ波とは?

高周波によって痩身効果を得られる「ラジオ波」や「RF」というものがあります。高周波によって体内ではどのような変化があるのでしょうか?

高周波を当てることで体の芯から温め、体内の温度は41~45度ととても高くなります。そして細胞同士が擦れることで生じる摩擦熱によって、脂肪を溶かすことができるので、温まった体温との相乗効果によって燃焼しやすい状態に持っていくことができます。

しかし、擦れて脂肪が溶けたとしても脂肪細胞自体は量が減ったわけではないのです。小さくしぼんだだけですので、次第に脂肪細胞が元のサイズに戻ってしまう、いわゆるリバウンドが生じてしまうんです。

痛みや熱での火傷もなし、切らない施術ですので傷痕にもならないというメリットはありますので、人気のある痩身技術です。しかし、リバウンドしてしまう、元々の脂肪細胞はそのまま量が変わらないというのは、効果を半減させることにもなりますよね。

脂肪細胞を壊し、減らせる施術ってあるの?

誰でも楽してきれいに痩せられるのであれば、受けてみたいですよね。高周波ダイエットでもあるラジオ波などは、脂肪吸引のような痛みや傷痕、価格の面でも安心安全に施術を受けられると人気のある痩身術です。しかし、脂肪細胞は減らすことができないため、リバウンドしてしまうのがデメリットでもありました。

それを解消したのがキャビテーションという痩身技術です。脂肪にだけ効果のある周波数の超音波を照射しますので、他の細胞を傷つけることなく脂肪細胞を破壊し溶かして外に排出することが可能なのです。人によってはたった1回の施術で、痩身効果をすぐに実感できるなど即効性があるんですよ。

脂肪を溶かし排出する期間は3~4日間ですので、その間は痩せ続ける実感を味わいやすくサイズダウンに感動する人が続出している画期的な痩身術です。脂肪細胞が壊れて尿やエネルギーとなって体内からなくなる為、脂肪細胞は量が減ります。

減った細胞が増えることはありませんので、リバウンドの心配がいらないのはスリム体型を維持しやすいということになりますよね。キレイを続けられるキャビテーションは、今もっとも注目されている痩身方法なんです。

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報