キーンと聞こえる骨伝導音

キャビテーションで「キーン!」という音が出る

キャビテーションの特徴として、「キーン」という頭に響く音があります。

聴覚検査を受けたことがある人でしたら、まさにその検査と同様の音がするでしょう。

この音は骨伝導音といって、照射している部位の骨に超音波が衝撃波となって当たり振動する音なのです。

これは施術を受けている人にしか感じられず、施術しているエステティシャンには聞こえないんですよ。

また、この音の感じ方は個人差があり、脂肪の量によって骨に当たる量が異なるため、響きに大小があるようです。

この音はキャビテーション特有の音で、もし施術してもキーンと音が聞こえなければキャビテーションではないということになりますね。

施術のサロンによっては響きに違いがある

痛みを感じない、熱くないけど、キーンという音が不快という弱点をもっているキャビテーションですが、機器によって音を不快に感じないものもあるんですよ。

せっかく施術を受けるのであれば快適に受けたいものですよね。

キーンと響くのは、骨を伝って頭に響く音なので施術を受けている本人にしかわからない不快感なんです。

キャビテーションは当初金属ヘッドで超音波を照射していましたので、金属と骨の伝導率が良く音が響きやすかったのですが、最近ではヘッド部分がシリコン製のものも多くなってきました。

シリコンヘッドは金属ヘッドよりも骨伝導が少ないため、不快なキーンとする音がほとんどしなくなっています。

人によっては気にならないということも多くなっていますので、今までの不快感が解消され、本当に心地よい施術タイムが実現してきていると言えますね。

以前にキャビテーションを受けたことがあるけど、不快な音だったので1回きりという人もいるかもしれませんね。

サロンによってはシリコンヘッドでの施術が可能ですので、骨伝導音がイヤなら、そういったエステで痩身に望むといいですよ。

あなただけにキーンと聞こえる骨伝導音がありますが、シリコンヘッド採用のサロンなら不快感が和らぎます。

Copyright 2013 スリムキャビ All Rights Reserved.│運営情報